#中東 特集『なかみ博士の気になる人文・社会系ニュース』2018年2月 冬の増刊号
#中東 特集『なかみ博士の気になる人文・社会系ニュース』2018年2月 冬の増刊号

¥ 650

「文理総合系の博士が科学や人文・社会学系の話題を」ニュースからテキトーに考えるコラム雑誌。本号は、中東の特集号の『なかみ博士の気になる人文・社会系ニュース』2018年2月 冬の増刊号です。


【巻頭:古代エジプトの気になるニュース1選】
 ・各地の「宦官」と古代エジプトの去勢ミイラの話~「古代エジプトの新たな謎「去勢されたミイラ」が示す驚愕の事実」(Forbes Japan)~

【特集:中東の近現代史を知る】 
 ・今号の特集で取り上げる主な中東地域(概略図)
 ・現代史を知るための「擬人化」世界史漫画~ゆげ塾『ゆげ塾の中国とアラブがわかる世界史』:アラブ編~
 ・世界史を教えていた私が選ぶイスラームと中東地域の近現代史を知るための3冊
 ・《 #ツイキャス 講談録》『村田エフェンディ滞土録』とその周辺の話:作品の概説編
 ・《 #ツイキャス 講談録》『村田エフェンディ滞土録』とその周辺の話:好きな理由と更に近代史の視点から語る編

本書は、特集は「中東の近現代史を知る」です。複雑な中東の近現代史について、高校で世界史を教えていた経験をもとに、おすすめの漫画参考書、絵本、小説の紹介記事を中心に、はてなブログ『仲見満月の研究室』(http://naka3-3dsuki.hatenablog.com/)から記事を選び、現在の中東地域の地図を特集冒頭に置いたり、解説したりして、編集しました。2018年2月の現在の中東地域の地図を特集の頭に入れたので、国の位置が分からなくなった時は、確認できるようになっています。

後半では、梨木果歩著『村田エフェンディ滞土録 』とその関連小説を軸に、オスマン朝トルコの皇帝(スルタン)の招きで、文化財の保存や管理の研究者として、渡土した村田とその周辺の人々を通じて、第一次世界大戦に突入していく日本や、ヨーロッパの情勢を読み解きました。

ブログ掲載の記事を書き換えたり、登場人物のモデルと思わしき実在の人々の手書きイラストを加えたりしています。

巻末の「あとがき」には、掲載元のメインブログにはない、私の高校世界史の臨時講師時代の授業準備の苦労や、院生の頃に接したムスリムの研究員や留学生との思い出、ムスリムの人々を受け入れていく日本社会の変化に関する雑感、といったことに少し触れる形でまとめています。

【商品データ】 
 ・タイトル:『なかみ博士の気になる人文・社会系ニュース』2018年2月 冬の増刊号
 ・著者:仲見満月(なかみ・みづき)
 ・発行年月日:2018年2月18日 第1刷
 ・ページ数:約50ページ(本文、モノクロ)
 ・サイズ:B5(高さ25.7×幅18.2センチ)

◆購入の際の注意点◆
・配送方法は、レターパック・ライト(追跡番号付き、ポスト投函、梱包手数料は追加送料20円を含む)のみとなります。
・表紙や本文の見本画像の色味は、デバイスの環境によって、異なる場合がございます。そのことをご承知の上でご購入のほど、ご検討下さい。
・当商品は、
「Nakami-Lab’s Online Store」https://naka3-ken.booth.pm
との併売商品で、在庫は一括管理となっております。あらかじめ、ご了承下さい。

【いきものセット】生物学ニュースの同人誌&バウ・スピナー
【いきものセット】生物学ニュースの同人誌&バウ・スピナー

¥ 1,000

第二回文学フリマ京都で人気!生物学ニュースのコラム同人誌と、「博柴」(はくしば)・仲見ケン印のハンドスピナーをセットにしました。

◆セット内容◆

①『なかみ博士の気になる科学ニュース』2017年11月 秋の増刊号(第2刷)

 【商品データ】
 ・タイトル:『なかみ博士の気になる科学ニュース』2017年11月 秋の増刊号(第2刷)
 ・著者:仲見満月(なかみ・みづき)
 ・発行年月日:2017年12月9日 第2刷(*初版は、2017年11月5日発行)
 ・ページ数:44ページ(本文、モノクロ)
 ・サイズ:B5(高さ25.7×幅18.2センチ) 
 ・詳しくはこちら:https://naka33dsuki.thebase.in/items/9148043


②バウ・スピナー(Bow-Spinner)~博柴(はくしば)・仲見ケン~

 【商品データ】
 ・商品名:バウ・スピナー(Bow-Spinner)~博柴(はくしば)・仲見ケン~
 ・イラスト制作者:仲見満月(なかみ・みづき)
 ・販売:2018年1月28日~ 
 ・素材:ABS樹脂、鉄
 ・サイズ:「Y」の字型に置いた時に高さ約7センチメートル(2枚目の画像参照)
 ・詳細はこちら:https://naka33dsuki.thebase.in/items/9747580
  
  *回転する様子は、次のURLのYouTube動画よりご覧下さい:
   【回してみた】バウ・スピナー(Bow-Spinner)~博柴(はくしば)・仲見ケン~ https://youtu.be/gRpCqF8vbLs

  *遊ぶ時は、周りの状況をよくご確認の上、ご使用下さい。
  *幼いお子様がいる時には、特にご注意下さい。


・各商品の詳しい説明は、上記のURLのページをご参照下さい。
・2点を合わせてご注文された時より、110円お得なセットです。



◆購入の際の注意点◆
・配送方法は、レターパック・ライト(追跡番号付き、ポスト投函、梱包手数料は追加送料20円を含む)のみとなります。
・表紙や本文の見本画像の色味は、デバイスの環境によって、異なる場合がございます。そのことをご承知の上でご購入のほど、ご検討下さい。
・当商品は、
「Nakami-Lab’s Online Store」https://naka3-ken.booth.pm
との併売商品で、在庫は一括管理となっております。あらかじめ、ご了承下さい。

バウ・スピナー(Bow-Spinner)~博柴(はくしば)・仲見ケン~
バウ・スピナー(Bow-Spinner)~博柴(はくしば)・仲見ケン~

¥ 650

当サークル「仲見研」の公式キャラクターで、看板犬こと「博柴」(はくしば)のハンドスピナーが、できました!

今回は、仲見ケン(赤柴)のバージョンです。


【遊び方・使い方】
中心の円の部分を親指と中指、もしくは親指と人差し指で押えて、空いているほうの手で外側の羽を回します。

勢いがつくと、しばらく回転を継続します。

*回転する様子は、次のURLよりYouTube動画で、ご覧ください:
 【回してみた】バウ・スピナー(Bow-Spinner)~博柴(はくしば)・仲見ケン~ https://youtu.be/gRpCqF8vbLs

*遊ぶ時は、周りの状況をよくご確認の上、ご使用下さい。
*幼いお子様がいる時には、特にご注意下さい。


【商品データ】
 ・商品名:バウ・スピナー(Bow-Spinner)~博柴(はくしば)・仲見ケン~
 ・イラスト制作者:仲見満月(なかみ・みづき)
 ・販売:2018年1月28日~ 
 ・素材:ABS樹脂、鉄
 ・サイズ:「Y」の字型に置いた時に高さ約7センチメートル(2枚目の画像参照)


*そのほか、注意事項は商品の台紙裏の解説をお読みください。



◆購入の際の注意点◆
・配送方法は、レターパック・ライト(追跡番号付き、ポスト投函、梱包手数料は追加送料20円を含む)のみとなります。
・表紙や本文の見本画像の色味は、デバイスの環境によって、異なる場合がございます。そのことをご承知の上でご購入のほど、ご検討下さい。
・当商品は、
「Nakami-Lab’s Online Store」https://naka3-ken.booth.pm
との併売商品で、在庫は一括管理となっております。あらかじめ、ご了承下さい。

【現在庫限定おまけ付き】『なかみ博士の気になる科学ニュース』2018年1月 冬の増刊号
【現在庫限定おまけ付き】『なかみ博士の気になる科学ニュース』2018年1月 冬の増刊号

¥ 750

「文理総合系の博士が科学や人文・社会学系の話題を」ニュースからテキトーに考えるコラム雑誌。こちらは、科学編の2018年1月、第二回文学フリマ京都の新刊です。


【特集:ノーベル賞と科学者(たち)】
 ・体内時計の研究が受賞~「ノーベル医学・生理学賞にアメリカの研究者」(NHKニュースWEB)ほか~
 ・現在のノーベル財団の財政~「ノーベル賞の賞金、1400万円引き上げ 財団「財政が安定」」(AFP通信)~
 ・科学研究の支援財団設立と維持の難しさ ~「ノーベル賞受賞の大隅さん、財団設立」(日経新聞)ほか~
 ・自主財源の確保が科学研究には重要~「山中教授が「iPS細胞研究基金」への寄付…「研究所の教職員は9割が非正規雇用」…」 (キャリコネニュース) ~
 ・ノーベル賞も有望?!高校生が明かした、青い光がハエの細胞に作用する研究~「ハエ、青い光を当てるとなぜ死ぬ? 山梨の高校生が解明」(朝日デジタル)~

【もっと気になる!なかみ博士の科学ニュース2選】
 ・クラゲを食べる生き物は珍しい?!~「衝撃!ペンギンはクラゲを食べていた 国立極地研が世界初の発見映像を公開」(J-CASTニュース)~
 ・熱燗文化をより手軽に~「コンビニで熱々の日本酒、全国で発売へ 新技術で実現」(朝日デジタル)~


note.mu内の『仲見満月(なかみ・みづき)の「分室」』(https://note.mu/nakami_midsuki ) のweb雑誌『なかみ博士の気になる科学ニュース』No.1~2から、ノーベル賞に関するニュースをピクアップ。ノーベル賞の賞金や、受賞者のその後の研究資の調達活動、将来の受賞者となりそうな高校生の研究等について、書きました。

【商品データ】
 ・タイトル:『なかみ博士の気になる科学ニュース』2018年1月 冬の増刊号
 ・著者:仲見満月(なかみ・みづき)
 ・発行年月日:2018年1月21日 第1刷
 ・ページ数:58ページ(本文、モノクロ)
 ・サイズ:B5(高さ25.7×幅18.:2センチ)

 *おまけ(6枚目の画像):
  現在庫に限り、「ほぼ名刺サイズステッカー」(バレンタイン・バージョン)…弊サークル「仲見研」公式キャラクター・「博柴」(はくしば)仲見ケンのステッカーが付属しています。


◆購入の際の注意点◆
・配送方法は、レターパック・ライト(追跡番号付き、ポスト投函、梱包手数料は追加送料20円を含む)のみとなります。
・表紙や本文の見本画像の色味は、デバイスの環境によって、異なる場合がございます。そのことをご承知の上でご購入のほど、ご検討下さい。
・当商品は、
「Nakami-Lab’s Online Store」https://naka3-ken.booth.pm
との併売商品で、在庫は一括管理となっております。あらかじめ、ご了承下さい。

『なかみ博士の気になる人文・社会系ニュース』2017年11月 秋の増刊号(第2刷)
『なかみ博士の気になる人文・社会系ニュース』2017年11月 秋の増刊号(第2刷)

¥ 560

「文理総合系の博士が人文・社会学系の話題を」ニュースからテキトーに考えるコラム雑誌。

 【特集:現在の「忍者学」とその環境】
  ・「忍者もの」のフィクション作品と人文科学~「「トカゲ丸焼き」で毒薬配合…甲賀の「秘伝」忍術書見つかる」(ITmediaニュース/産経新聞)~
  ・忍者文化による地域おこしと大学+中国と韓国の忍者に近い役職について~「三重大が忍者研究センターを開設 伊賀サテライトに新年度 /三重県 」(朝日新聞)ほか~
  ・忍者に関わる仕事の社会人からの要望で「三重大院、入試科目に「忍者・忍術学」 来年2月から」(中日新聞 Web)

運営者のブログ『仲見満月の研究室』より、日本史カテゴリーから「忍者学」をキーワードに3記事を選び、まとめました。

 *本誌は、2017年11月5日以降、大学のワークショップや同人誌即売会で販売した初版の、誤字・脱字を修正した、第2版(第2刷)に当たります。

【商品データ】
 ・タイトル:『なかみ博士の気になる人文・社会系ニュース』2017年11月 
  秋の増刊号(第2刷)
 ・著者:仲見満月(なかみ・みづき)
 ・発行年月日:2017年12月9日 第2刷(*初版は、2017年11月5日発行)
 ・ページ数:34ページ(本文、モノクロ)
 ・サイズ:B5(高さ25.7×幅18.2センチ)

【購入の際の注意点】
・配送方法は、レターパック・ライト(追跡番号付き、ポスト投函、梱包手数料は追加送料20円を含む)のみとなります。
・表紙や本文の見本画像の色味は、デバイスの環境によって、異なる場合がございます。そのことをご承知の上でご購入のほど、ご検討下さい。
・当商品は、
「Nakami-Lab’s Online Store 」https://naka3-ken.booth.pm
との併売商品で、在庫は一括管理となっております。あらかじめ、ご了承下さい。

『なかみ博士の気になる科学ニュース』2017年11月 秋の増刊号(第2刷)
『なかみ博士の気になる科学ニュース』2017年11月 秋の増刊号(第2刷)

¥ 460

「文理総合系の博士が人文・社会学系の話題を」ニュースからテキトーに考えるコラム雑誌。こちらは、科学編です。

【特集:見逃せない生物学 in 2017】
 ・「絶滅」した人気動物の再発見と日本酒の話~「長崎県対馬において、カワウソを発見!」(琉球大学)ほか~
 ・「利き手」に関する人間社会の将来と鱗食魚の研究について~「右利き・左利きは生まれつき? 魚の捕食法もとに研究」(朝日新聞デジタル)ほか~
 ・におい数値化の研究は人間に何をもたらすのか~ドリアンの普及と「阪大、すべての匂いを数値化する技術で匂いをデザインするサービスを開始」(マイナビニュース)を中心に~
 ・既存の「性」や「生殖」の見方を変える生物学的発見~「オスとメスが逆転した生物 “性器の大発見”にイグノーベル賞」 (ハフポスト)~:2017.9.17
 ・(『仲見満月の研究室』から出張版)
  遺伝学の用語改定と「東京喰種 トーキョーグール」~「遺伝の「優性」「劣性」使うのやめます 学会が用語改訂」(朝日新聞デジタル)~:2017.9.7

運営者の note.mu 『仲見満月(なかみ・みづき)の「分室」』(https://note.mu/nakami_midsuki) のWEB雑誌『なかみ博士の気になる科学ニュース』No.1を中心に、生物学に関する話題を選んで、まとめました。

*本誌は、2017年11月5日以降、大学のワークショップや同人誌即売会で販売した初版の、誤字・脱字を修正した、第2刷に当たります。

【商品データ】
 ・タイトル:『なかみ博士の気になる科学ニュース』2017年11月 
  秋の増刊号(第2刷)
 ・著者:仲見満月(なかみ・みづき)
 ・発行年月日:2017年12月9日 第2刷(*初版は、2017年11月5日発行)
 ・ページ数:44ページ(本文、モノクロ)
 ・サイズ:B5(高さ25.7×幅18.2センチ)

【購入の際の注意点】
・配送方法は、レターパック・ライト(追跡番号付き、ポスト投函、梱包手数料は追加送料20円を含む)のみとなります。
・表紙や本文の見本画像の色味は、デバイスの環境によって、異なる場合がございます。そのことをご承知の上でご購入のほど、ご検討下さい。
・当商品は、
「Nakami-Lab’s Online Store」https://naka3-ken.booth.pm
との併売商品で、在庫は一括管理となっております。あらかじめ、ご了承下さい。