【現在庫限定おまけ付き】『なかみ博士の気になる科学ニュース』2018年1月 冬の増刊号

¥ 750

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料380円が掛かります。

通報する
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

「文理総合系の博士が科学や人文・社会学系の話題を」ニュースからテキトーに考えるコラム雑誌。こちらは、科学編の2018年1月、第二回文学フリマ京都の新刊です。


【特集:ノーベル賞と科学者(たち)】
 ・体内時計の研究が受賞~「ノーベル医学・生理学賞にアメリカの研究者」(NHKニュースWEB)ほか~
 ・現在のノーベル財団の財政~「ノーベル賞の賞金、1400万円引き上げ 財団「財政が安定」」(AFP通信)~
 ・科学研究の支援財団設立と維持の難しさ ~「ノーベル賞受賞の大隅さん、財団設立」(日経新聞)ほか~
 ・自主財源の確保が科学研究には重要~「山中教授が「iPS細胞研究基金」への寄付…「研究所の教職員は9割が非正規雇用」…」 (キャリコネニュース) ~
 ・ノーベル賞も有望?!高校生が明かした、青い光がハエの細胞に作用する研究~「ハエ、青い光を当てるとなぜ死ぬ? 山梨の高校生が解明」(朝日デジタル)~

【もっと気になる!なかみ博士の科学ニュース2選】
 ・クラゲを食べる生き物は珍しい?!~「衝撃!ペンギンはクラゲを食べていた 国立極地研が世界初の発見映像を公開」(J-CASTニュース)~
 ・熱燗文化をより手軽に~「コンビニで熱々の日本酒、全国で発売へ 新技術で実現」(朝日デジタル)~


note.mu内の『仲見満月(なかみ・みづき)の「分室」』(https://note.mu/nakami_midsuki ) のweb雑誌『なかみ博士の気になる科学ニュース』No.1~2から、ノーベル賞に関するニュースをピクアップ。ノーベル賞の賞金や、受賞者のその後の研究資の調達活動、将来の受賞者となりそうな高校生の研究等について、書きました。

【商品データ】
 ・タイトル:『なかみ博士の気になる科学ニュース』2018年1月 冬の増刊号
 ・著者:仲見満月(なかみ・みづき)
 ・発行年月日:2018年1月21日 第1刷
 ・ページ数:58ページ(本文、モノクロ)
 ・サイズ:B5(高さ25.7×幅18.:2センチ)

 *おまけ(6枚目の画像):
  現在庫に限り、「ほぼ名刺サイズステッカー」(バレンタイン・バージョン)…弊サークル「仲見研」公式キャラクター・「博柴」(はくしば)仲見ケンのステッカーが付属しています。


◆購入の際の注意点◆
・配送方法は、レターパック・ライト(追跡番号付き、ポスト投函、梱包手数料は追加送料20円を含む)のみとなります。
・表紙や本文の見本画像の色味は、デバイスの環境によって、異なる場合がございます。そのことをご承知の上でご購入のほど、ご検討下さい。
・当商品は、
「Nakami-Lab’s Online Store」https://naka3-ken.booth.pm
との併売商品で、在庫は一括管理となっております。あらかじめ、ご了承下さい。